知覧武家屋敷庭園 有限責任事業組合|知覧武家屋敷|重要伝統的建造物|観光|鹿児島県南九州市

qrcode.png
http://chiran-bukeyashiki.com/
モバイルサイトにアクセス!
知覧武家屋敷庭園
  有限責任事業組合
〒897-0302
鹿児島県南九州市知覧町郡13731番地1
TEL.0993-58-7878
FAX.0993-58-7877
052380
 

年間イベント情報

   
※都合により開催日程を変更して実施する場合がありますことをご了承ください。
 

イベント・年間スケジュール

イベント・年間スケジュール
 

篤姫を育んだ雅な鹿児島:知覧のひなまつり
【平成29年2月1日~3月31日】

 知覧のひなまつりの歴史は古く、その起源は平安時代にさかのぼり当時は、無病息災を願う祓いの行事でありました。江戸時代中期頃から女の赤ちゃんの誕生を祝う初節句風習も生まれました。女子の「人形遊び」と一生の厄災を人形に身代りにさせるという祭礼的意味合いともいわれ、武家女などの身分の高い女性の嫁入り道具の一つにもなりました。
 古来より伝わるこの年頭行事は、春が近づくにつれ「雛飾り」を飾ってひな祭りを楽しむ光景が多く見られます。
 
 
 

 
 

~その熱気・大地を揺るがす~
      第22回知覧ねぷた祭り
【平成29年7月15日(土)】

 知覧ねぷた祭りは、高さ5m、縦横4mの勇壮な武者絵が描かれた扇形のねぷた大小7基の山車が、夜の知覧まち商店街を練り歩きます。笛や太鼓の囃子が響きわたり、その熱気は大地をも揺るがす迫力のある、威勢のいい「やーやどー」の掛け声とともに勇壮な「ねぷた」は圧巻です。
 
 
 
 

 
 

~大地をキャンパスに~:第7回田んぼアート
【平成29年7月下旬~9月下旬】
場所:南九州市川辺町田部田交差

 田んぼをキャンパスに見立て、色の異なる稲を使って巨大な絵を作り出す田んぼアートは、田んぼ脇のやぐらから見学することができます。高さ9mのやぐらから見る水田いっぱいに広がる巨大なアート作品は壮観です。
 平成26年は、40アールの面積に7種類の品種の稲で「世界平和」と南九州市のキャラクター「お茶むらい」をテーマに創作されました。
 
 
 

 
 

~ふるさとの素晴らしさ・大地の恵に感謝!~
第24回知覧小京都ふるさと祭り
【平成29年10月29日(日)】
場所:知覧平和公園

 農業と観光をテーマにしたベントです。武者行列や灯ろう流し踊り、歌謡ショー、フリーマーケットなどが開催されます。
 地元の特産品やグルメが一堂に集まる物産展は、特に多くの人で賑わいます。南九州市ゆかりのまちや九州各県の「小京都」の物産を販売するブースなども人気です。
 
 
 
 

 
 

~あかりの道標~:第8回ちらん灯彩路
【平成29年11月11日(土)】
場所:知覧武家屋敷通り(日本の道百選選定)

 薩摩の小京都を代表する「知覧武家屋敷庭園」で、夜間の幻想的な和灯りを鑑賞するとともに、ライトアップした庭園。地域住民が一体となって制作した9,000個の竹灯ろう、紙灯ろうは武家屋敷通りに忘れかけていた厳粛な心を呼び起こします。
 美しい日本の歴史的風土百選や日本の道百選にも選ばれた会場周辺は一夜限りの灯りイベントに感動します。
 
 
 

 
 

~武家屋敷庭園の魅力を再発見~
第5回知覧武家屋敷庭園フォトコンテスト
【平成29年8月1日受付~平成29年12月28日締切】

 知覧武家屋敷庭園の魅力を再発見するとともに、より多くの人に日本人が忘れかけていた「和の心」にふれる機会として、情報発信するものです。
 四季を通じて「名称知覧麓庭園」をキャンパスにして、心のシャッターを形に残すものです。自作品であればプロ・アマチュア不問です。
  フォトコンテスト作品募集要項はこちらから
 
 

 
 

~伝統を今に~ちらん武家の正月飾り
【平成29年12月28日~平成30年1月20日】

 ちらん武家の正月飾りは、古式にのっとった武家の正月行事で新年を迎えた家庭に幸を届けてくれる年神様の目印として門に飾ります。注連縄(しめなわ)は、申請の区域の境を意味し、龍(大蛇)の姿を表現しているという説もあります。飾りもそれぞれ意味を込めて、七日正月飾り(1月7日~13日)には魔払いの意味があります。小正月飾り(14日~20日)は五穀豊穣を願ったものです。
 
 
 
 

 
<<知覧武家屋敷庭園 有限責任事業組合>> 〒897-0302 鹿児島県南九州市知覧町郡13731番地1 TEL:0993-58-7878 FAX:0993-58-7877